トータルにかかる料金が高め

1年間に約50万円の資金が必要となる

仲人タイプの結婚相談所は、登録から成婚に至るまでの間に高額な経費を要する傾向が強いです。登録料や入会金など、初期費用の相場は、約25万8000円です。1ヶ月当たりの会費は約1万3000円、お見合い1回当たりの料金は約1万円となっています。結婚相談所のサポートを通じて、生涯の伴侶となる人物と出会った折には、成婚料として約20万1000円を支払わなければならないケースが一般的です。某結婚相談所で1年以内に結婚相手を探した時にかかる費用は、合計50万円程度です。但し、1回のお見合いや婚活パーティーで理想の結婚相手が見つけられなければ、費用が嵩みます。結婚相談所に依頼する前に、自身の経済力を確認しておきましょう。より良いパートナーを探す中で、生活が困窮していては元も子もありません。

データマッチングタイプとの違い

データマッチングタイプの結婚相談所は、料金の安さが最大の魅力です。結婚を望む方々が気軽に登録・利用できます。不特定多数のユーザーの中から、自分の好みに合致する相手を自由に探せます。成婚料が一切かからないものの、仲人タイプと同様の手厚いサポートがありません。仲人タイプは、できる限り早急に会員の希望に沿った結婚相手を見つけ、退会させることが目的です。成婚率アップによって、会社の実績とブランド力の向上、売り上げの増大に繋げています。利用者1人1人の婚活を全力でサポートし、安心してパートナーを探せる環境が整えられています。その代償として高額な成婚料を請求しているのです。仲人タイプは費用が高額というデメリットがあるものの、確実に結婚相手を見つける上で役に立つサービスです。

結婚相談所を東京で探すには、100件以上存在している自分に合う相談所を比較して決めたほうが良いでしょう。料金だけではなく、立地や会員数の多さ、在籍している年齢層を比較材料にしてみましょう。